子ども好適空間研究所(hyggeLab)に関わる新着情報をお届けします。

私立大学研究ブランディング事業「第1回子ども好適空間シンポジウム『遊び・暮らし・それぞれのhygge』開催のご案内

Doing Better for CHILDREN 未来のために、子どもたちにより好い空間を。

本学は、hygge(ヒュゲ:人と人とのコミュニケーションから生まれる、居心地の好い、温かな雰囲気)をヒントに、子どもが思う存分自己発揮し、活き活きと活動できる空間、「子ども好適空間」を研究しています。
本シンポジウムでは、本学の取り組みを紹介しながら、遊び、暮らし、そして学びの場面において「hygge」という概念をどのように取り入れていくことができるかを、会場の皆さまと共に考えます。

【日時】 2019年12月21日(土) 13:00~16:20(開場 12:00)
【開場】 愛知産業労働センター「ウィンクあいち」5階小ホール


基調講演
遊び・暮らし・それぞれのhygge ~お手本は、いつもデンマーク~
 ・株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所 前社長 吉田正子


好適空間研究報告
 ・子ども好適空間事例調査
 ・保育現場における危険事例とよりよい保育環境に関わるアンケート調査
 ・屋外環境における好適空間と保育の質の研究
 ・子どもの音環境の研究
 ・医療空間、商空間における子ども好適空間の研究


パネルディスカッション
パネリスト
 ・株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所 前社長 吉田正子
 ・LEGOLAND Japan株式会社 ヒューマンリソースディレクター 川瀬広行
 ・岡崎女子大学・岡崎女子短期大学 学長 林陽子
コーディネーター
 ・岡崎女子短期大学 現代ビジネス学科 准教授 町田由徳


申し込み
 WEBにて事前申込み (定員250名 入場無料)

一覧へ

PAGETOP